キャラクターゲーム ゲーム ゲームアプリ シュミレーションゲーム ロールプレイングゲーム

【アークナイツ】|他には類を見ない世界観とストーリーが魅力のタワーディフェンスゲーム

アークナイツアイコン参考画像

評価: 4.5
開発:Yostar, Inc.
リリース日:2020-1-16
ジャンル:RPG

 

 

 





アークナイツってどんなゲーム?

アークナイツはネット広告でよく見る、獣耳のついた女の子キャラを愛でるだけのゲームではありません。

『アズールレーン』のYostarが運営する中国製ソシャゲで、悲壮感あふれるダークな物語を生き抜く可愛くて、かっこいいキャラクターたちをプレイヤーはドクター(指揮官)として導いていくストーリーを楽しむ戦略性が高すぎる、かつ難易度の設定が絶妙すぎるタワーディフェンスゲームとなっています。

発表当初は“局部壊死”とかいう物騒な章題でSNS界隈をざわつかせた程のダークなストーリーとなっています。

悲壮感溢れる重すぎるストーリーが苦手な人もストーリーをスキップして戦略性が高すぎる、かつ難易度の設定が絶妙なタワーディフェンスゲームを楽しむのもありだと思います。

それほどまでにゲーム自体が面白すぎました。

タワーディフェンス型の戦略バトルシステム

『アークナイツ』のバトルは、正統派のタワーディフェンスです。敵の大群がいくつかのルートを辿って味方の”拠点”を目指して進行してきます。

敵が”拠点”に侵入するたびライフが減っていき、自軍のライフがゼロになったら敗北となります。

プレイヤーは、フィールド内の四角いマスに味方キャラ(オペレーター)を配置して、敵の進行を妨害することができます。

敵の侵攻ルートは敵が侵攻を始める直前に知ることが出来るので、そのルートを塞ぐようにキャラを配置するのがキモとなります。

また、1体のキャラがブロックできる敵の数は決まっているので、新しい敵が来る前に攻撃で数を減らしていくことが重要です。味方の配置には、時間経過で増加していくコストを消費して、配置します。

ですが、強いキャラほどコストも高いのでむやみに強いキャラを配置するだけでは敵の数が多い場合に防げなくなってしまうので、敵のレベル・数・タイプに合わせたキャラの配置が重要になってきます。

攻撃力が高い前衛、防御力とブロック数に優れた重装、遠距離と空中の敵に対応できる狙撃と術師、など役割を持ったキャラを最大12人編成して1チームを作り、ステージに挑みましょう。

キャラは、コストやステータスだけでなく、常時発動のパッシブ能力やゲージを貯めて発動するスキルの効果に個性があり、ステージに合わせて使い分けていくことになります。

今どき珍しいほど“王道”のルールのタワーディフェンスゲームです。

正方形のマスで区切られたステージの構成は、かなりシンプルです。

美麗なイラストのキャラクターも、バトル画面ではSDにデフォルメされます。「中国製だから超絶クオリティが高いんでしょう?」と勝手な幻想を抱いていたので、正直な話、最初の印象は「画面がショボくない?」でした(笑)

ですが、基本ルールが分かりやすく、ステージがシンプルだからこそサクサク進める楽しさがありました。

事前に敵の進行ルートが表示され、先読みでキャラを配置できる。こういうパズル的なゲームは製作者からの出題だと思っていて、クリアした時に「自分の力でやった感」が溢れてきます。

ステージ構成・難易度調整が絶妙でした

基本ルールが単純なぶん、厄介な特性を持った敵のバリエーションで勝負を仕掛けてきます。

まずキャラクターを育成したいので、経験値が美味しい”曜日クエスト”の最高効率ステージのクリアを目指しましょう。

すると、必然的に低レベルでの攻略になるから難易度も上がってしまいます。そこで試行錯誤しながら何度も挑戦するのですが、本作は敵の進行に関してランダム要素が一切ありません

一部のボス以外、必ず同じルート、同じ順番で敵が現れます。

味方のスキルもランダム性があるのはごく一部で、だから毎回同じ条件で再挑戦できます。失敗しても減るスタミナはほんの僅かですし、毎日30枚まで回復する”演習チケット”を使えばタダで練習が可能です。

タワーディフェンス自体がそういうジャンルなんでしょうけど、「すごく誠実なゲームだな」と思いました。

ステージの製作者がフェアに勝負を挑んできます。プレイヤーの努力を絶対に裏切ることはありませんでした。(一部の例外はありますが)運が絡みません。編成のバランス、配置する順番、キャラの向き、スキルを発動するタイミング……戦局を変える要素は膨大で、頭を使ったぶんは必ず“手ごたえ”になって返ってきます。そんな戦略性が高すぎるゲームなんです。

ステージの見た目がシンプルなのは、操作に対するレスポンスの良さと引き換えだと感じました。本当に難しいステージでは、0.何秒のタイミングが勝敗に影響することがありました・・・・。

高台を優先的に狙う敵だったり、隣接するマスに範囲攻撃を飛ばす敵だったり、味方のブロックをすり抜けたり、特殊なタイプの敵が増えてくるとセオリー通りにはいかなくなっていきます。

メインストーリーは現在6章まで実装されていますが、4章の時点で既に「めっちゃ難しい!!」と悲鳴を上げました。

ちなみに、本作ではフレンドのサポートを借りずに完全クリアすると、次からその時の操作を再現するオートプレイが解禁されます。

また、倍速機能があるので、快適なステージ周回が可能となっています。ですが、ここに落とし穴がありました。0.何秒単位のタイミングでクリアすると、倍速をかけたオートプレイが安定しないんです。

さらに、倍速にしていると敵の侵攻方向の事前のお知らせを見逃してしまって思わぬ奇襲を受けてしまったりもしました。

倍速にする場合は気をつけてください・・・・・。

『アークナイツ』のバトル画面は確かに今時のソシャゲに比べてしまうとショボく見えてしまいます。ですが、それと引き換えに得られるゲームプレイが、めっちゃ面白かったです。

悲壮感溢れるストーリーに完全に引き込まれます

ストーリーは、プレイヤーである『ドクター』が所属する組織『ロドスアイランド(通称:ロドス)』が武力行使を含む介入を行っていることから、全体的に悲惨で暗い雰囲気が漂っています。

悲壮感溢れるストーリーに完全に引き込まれます

フィクションで言うところの『終末物』となっており、プレイヤーの分身であるドクターもこの紛争に巻き込まれ、物語開始当初に記憶を失ったところからスタートします。

記憶の無いドクターの視点から表現される世界は、より悲壮感に溢れており、大都市からの撤退戦から展開される物語は全体的に殺伐とているなと感じました。

世界観的にも『天災』と呼ばれる様々な天変地異に見舞われ、そこに住む人間達は『移動都市』と呼ばれる移動可能な都市に在住しています。

それらのエネルギー元となっている『源石(オリニジウム)』と呼ばれる莫大なエネルギーを持つ鉱物を扱うことで『源石病(オリパシー)』と呼ばれる不治の病に感染する人々が居ます。

源石病に感染すると、内臓が侵され、皮膚に源石が露出し、最終的には死に至ります(感染者の資料では臓器の輪郭についてよく言及される)。治療法は発見されていません。

また、感染者の死体は、それ自体が鉱石病をまき散らす感染源となってしまうため、野垂れ死ぬことすら周囲に危険を及ぼすことから、鉱石病と判明した時点で社会から隔離されるか、人々から迫害の対象にされてしまいます。

人々から迫害の対象にされてしまいます参考画像

また、鉱石を組み込んだ武器の使用者や、鉱石の力を体内に宿した者は”アーツ”という魔法を行使できます。

これら源石と天災、そして源石病に侵された『感染者』を巡って物語が展開していきます。

各国では感染者は隔離や駆逐の対象とされており、ロドスはそれら感染者差別の解決案を政府等に提供したり、従軍という手段を用いた感染者保護と衣食住の提供をしていきます。

そして最大の目的である源石病の治療を目指して研究を続けています。

対して、感染者を迎合し、非感染者に対して超排他的な感染者集団『レユニオン』が、レジスタンスとなって暴力という原始的な手段を用いて感染者の権利を奪い返そうと計画を立てます。

物語はレユニオンの、とある大都市への武力行使に対しロドスが介入したことから始まり、随所で行われる軍事的衝突や、突如発生する天災の描写、そして感染者への差別表現などが随所に見られます。

アークナイツの魅力について

このゲームの魅力は、ダークでヘビーな世界観と、他のゲームとは一線を画す種族の多様さです。

天災と呼ばれる天変地異に見舞われ、移動可能な都市に生活する多様な種族達がそれぞれ形成する国家があります。

例えばそれは角が生えて居たり、竜の様な外見だったり、天使の輪と羽根の付いた種族も居ます。

更にロドスとレユニオン以外にも様々な企業が存在し、運び屋や貿易会社などからロドスに出向している人々も居ます。

こうしたキャラの所属する企業や会社、種族などは『図鑑』として相関図になっており、よりアークナイツの世界に浸ることが出来ます。

また、プレイヤーの所属するロドスは、感染者を人種問わず軍属として起用している為、様々な種族が混在しています。

アークナイツには、他のゲームのハウジング要素に当たる『基地』と呼ばれるコンテンツが存在します。

戦闘で手に入れた物資などを使用し、ドローンを用いて基地を清掃を行って様々な施設を建て、そこにキャラを配置して仕事を割り振ることが可能です。

基地コンテンツ参考画像1

基地コンテンツ参考画像2

基地全体の電力を賄う『発電所』や、貿易用の金塊や強化アイテム等を作成する『製造所』が存在します。

金塊を売ることで、公開求人やキャラの『昇級(レアリティアップ)』に必要な、龍門幣を得る『貿易所』など、様々な施設を利用可能です。

キャラには戦闘能力の他に、基地で特定の施設に配置された時に発動する特殊能力があり、発電所の効率を上げたり、貿易所の受注を取るまでの時間を短縮したりする効果があります。

これにより、普段戦闘で使用しないキャラにも活躍機会があり、アークナイツには他のゲームで言うところの『捨てキャラ』がほとんど出ないシステムになっています。

ただし、長時間働くと体力が減少して効率が落ちるので『宿舎』で休憩させるのを忘れないようにしましょう。

宿舎には様々な家具を置くことが可能で、体力の回復を早めることが可能となっています。

無課金でも楽しめる?

現在は無課金でプレイしていますが、スタートダッシュの『人材発掘(ガチャ)』で確実に☆5か最高ランクである☆6が狙えます。

ガチャ参考画像1

ストーリーをクリアしたり、毎日・週間任務をクリアすることで、人材発掘を行う為に必要な『合成玉』が手に入るので人材発掘をし易いので、無課金でも苦労を感じたことはありません。

ガチャ参考画像2

また、人材発掘とは別に『公開求人』という、デイリー任務をクリアすると手に入る『求人票』というアイテムと、資金ある『龍門幣』を消費することで、最大☆5までのキャラが狙えるシステムがあります。

これは自分の欲しい職業などを選択し、任意の時間を設定することでキャラを獲得出来る、他のゲームで言うところの建造システムの様なものです。

時間は最大9時間まで設定することが可能で、時間を掛けることでレアリティと、ランダムで最大6つまで設定可能な募集条件に合ったキャラを獲得出来る可能性を上げることが出来ます。

これらのシステムのお陰で、他のゲームに比べると圧倒的にキャラを集めやすくなっています。

アークナイツはこんな人にオススメです

アークナイツは『手軽にタワーディフェンスゲームをプレイしたい人』や『作り込まれた世界観のゲームを楽しみたい人』におススメです。

アークナイツはタワーディフェンスゲームとしては比較的シンプルであり、遊びやすい部類に入ると思います。

キャラ毎に役割がある程度しっかりしており、初心者向けのチュートリアルも充実しています。

タワーディフェンスゲーム入門としても優秀であると思います。

また、最近のキャラ物のソシャゲにしてはかなり珍しく、王道を往く『終末物』のストーリーとなっています。

こういった終末物の映画やドラマ、小説が好きな人には非常にオススメできる作品となっています。

特に設定が充実しており、図鑑のキャラ設定や相関図を見ているだけでも楽しめます。

キャラも可愛らしいキャラからかっこいいキャラまで様々なので、キャラゲー好きの方も楽しめるなと感じました。

これから始める方へのアドバイス

アークナイツをこれから始める人へのアドバイスですが『デイリー・ウィークリー任務をしっかり終わらせること』と『迷っているなら早めに開始すること』です。

任務に関しては、ガチャを引く為の合成玉が手に入る他、公開求人に必要な求人票や、使用すると一瞬で公開求人に掛かる時間を終わらせることが可能な『緊急招集票』が手に入ります。

戦闘を有利に進めるためには、様々な職業のキャラが必要不可欠なので、こうしたキャラ獲得のチャンスを逃さない様にしっかりと任務を終わらせることが、快適なゲームプレイに直結します。

『アークナイツ』のストア情報

App store
4.4
Google Play
4.6
総合評価
4.5
会社
Yostar, Inc.
ジャンル
RPG シュミレーション
対応端末
Android 4.1以上、iOS 9.0以降
価格
基本プレイ無料
(アプリ課金型)
配信日
2020年1月16日
公式サイト
公式Twitter

『アークナイツ』の good & bad

ココが  good ポイント

  • 普段戦闘で使用しないキャラにも活躍機会がある
  • 作り込まれた他にはない悲壮感溢れる世界観に引き込まれます
  • 無課金でもしっかりと楽しめる

ココが bad ポイント

  • 専門用語が多すぎる
  • 自動指揮の条件を満たすのが難しい

まとめ

ただただ、作り込まれた悲壮感溢れるストーリーに引き込まれ、たくさんの種族の可愛いorかっこいいキャラたちと戦い、気がつくと時間がすぎてしまっていました。

個人的な意見ではありますが、ここまで難易度設定が絶妙なゲームはここ最近ではない!と言えるほどの傑作王道タワーディフェンスだと思います。

しかも無課金でここまで楽しめるのですから、やらない手はないです。

ただし、ゲーム内の自動指揮の条件を満たすのだけは難易度は少し高めかなと思いました。

このサイト(App-would)では、日常生活が楽しくなる情報を提供したいと考えております。次回の記事でも応援よろしくお願いします。


 

ダウンロード

アークナイツ

アークナイツ

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

-キャラクターゲーム, ゲーム, ゲームアプリ, シュミレーションゲーム, ロールプレイングゲーム

© 2021 なみのゲーム探偵局